最新メルマガちら見せ!

2017年05月24日(水) New!

VOL.232〜233_BREAKERZ 10番勝負公演music freak pressオリジナルレポート第1弾 !! (5/24配信号) ちら見せ!

アップロードファイル 293-1.jpg


BREAKERZ 10番勝負公演
music freak pressオリジナルレポート第1弾 !!
[BREAKERZ 10周年10番勝負 -VS-]第7戦 「vs 倉木麻衣」 2017.4.8 @EX THEATER ROPPONGI


2017年7月にデビュー10周年を迎えるBREAKERZが、“10”アーティストと“10”本の2マンライヴを展開してきた「BREAKERZ 10周年10番勝負 -VS-」。
1月21日から4月29日までおよそ3カ月にわたり開催されたこのイベントライヴの全レポートをお届けしてきましたが、GLAYを迎えて行われた第10戦以外はまだイベント途中ということでBREAKERZコーナーの詳細をお届けできませんでした。そこでmusic freak pressでは、第7戦「vs 倉木麻衣」、第8戦「vs VAMPS」の“BREAKERZコーナーのみ”、編集部オリジナルのレポートを2回に分けてお届けします。
第1回目となる今回は、第7戦「vs 倉木麻衣」のBREAKERZコーナーをレポート!!


存在感溢れる倉木麻衣のライヴの後ステージ転換が行われ、いよいよBREAKERZの時間がやって来た!
場内が暗転し、スクリーンには今夜の対決に向けての熱い想いを語るメンバー3人が映し出された。

“今日は大先輩・倉木麻衣さんとの対決。俺たちもメチャクチャ気合い入ってるよな!”(DAIGO)

“10番勝負唯一の女性アーティスト。人類において男女の戦いは永遠のミステリー。何が起こるか分からない。だけど「真実はひとつだけ」。ヨロシク!”(AKIHIDE)

“倉木麻衣さんと言えば、BREAKERZがデビューしたての頃写真を一緒に撮っていただいた事があって。当時は全ての事が初めてで、倉木さんに緊張してしまい、ついつい睨みを利かせてしまいました。それを今でも悔やんでいます。今日は気合い入れてギターを弾きます!”(SHINPEI)

その後もDAIGOが倉木の数々の曲名を盛り込みながら決意表明すると、倉木ファンもBREAKERZファンも大喜び。そして大きな手拍子とメンバーそれぞれの名前を叫ぶ歓声が飛び交う中、サポートメンバーのベース・Matsu、ドラム・MAKOTOに続いてBREAKERZの面々が登場した。
“いくぞ!東京〜!”のDAIGOの雄叫びから「WE GO」で華々しく幕を開けると、“東京声出していけ〜”とド頭から激しく揺さぶり、続く刺激的な歌詞と中毒性の高いサウンドで高揚を導く「NO SEX NO LIFE」では、 “跳べ!跳べ!跳べ!”と何度も挑発。倉木麻衣のライヴで作り上げられた爽やかでピースフルな空気から一瞬にして激しくヘヴィーなロック空間へと塗り替えられていった。

“10番勝負にようこそ! 俺たちがBREAKERZです! 今日は7ラウンド目、お相手は10番勝負で最初で最後の女性アーティストとなるレーベルの大先輩・倉木麻衣さんです。対戦させて頂けてとても光栄です。倉木さんが会場入りされてから、俺以上にビックリするくらいDAI語を連発してくださって(笑)。 “AM=熱く 燃え上がろう〜”とか。今日倉木さんがあんなに使ってくれているのを聞いて、自分ももっと使っていきたいなと思いました。という事で、今日は、“MK=めちゃくちゃ・かっ飛ばしていこうぜ〜!”(DAIGO)

1st MCの後は現段階での最新シングル「幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて」を披露。煌びやかなストリングスとギターサウンドが有機的に融合したサウンドでフロアを熱くしていった。さらに2009年発表のナンバー「DEAR LIAR」、DAIGOがチアダンスのポンポンを持ってダンサーと共に踊りながら、またAKIHIDEとSHINPEIがメインで歌うパートも盛り込まれたパーティーチューン「スマイル100%」と、ライヴで久しぶりの演奏となる2曲が披露されBREAKERZファンを喜ばせた。

(続く........)


続きを読みたい方は、有料メルマガ「music freak press」へご加入を!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

詳しい「music freak press」購読方法は、
music freak magazine編集部のメールアドレス(webmaster@mfmagazine.com)まで、
件名に「music freak press資料希望(VOL.232-233)」と入力し、
本文に「氏名」「電話番号」をご入力の上、送信してください。編集部より詳細が返信されます。
(返信までに少々お時間を頂く場合がございます。前もってご了承ください)

※通常途中入会の方には、すでに配信済みの号のバックナンバーは配信できませんが、上記の方法により資料を受信後、正式な手続きを2017年6月5日(月)までにとって頂いた方のみ、特別にVOL.232-233/BREAKERZ 10番勝負公演music freak pressオリジナルレポートのバックナンバーを配信致します。お気軽にお問い合わせください。


…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…


★INFORMATION★

<RELEASE>

■BREAKERZ 18th Single「夢物語」 2017.7.12 Release

【初回限定盤A】CD+DVD 
品番:ZACL-6043
価格:1,700円(税込)1,574円(税抜)

<収録曲>
M1. 夢物語 words:DAIGO music:AKIHIDE
M2. devil or angel ? words:DAIGO music:DAIGO

<特典DVD収録内容>
「夢物語」Music Clip+Music Clip Off Shot

<封入特典>
※連動特典応募用ID封入

【初回限定盤B】CD+スペシャルフォトブック (A5サイズ特別仕様)
品番:ZACL-6044
価格:1,600円(税込)1,481円(税抜)

<収録曲>
M1. 夢物語 words:DAIGO music:AKIHIDE
M2. devil or angel ? words:DAIGO music:DAIGO

<封入特典>
※連動特典応募用ID封入

【通常盤】CD Only
品番:ZACL-4047
価格:1,000円(税込)926円(税抜)

<収録曲>
M1. 夢物語 words:DAIGO music:AKIHIDE
M2. devil or angel ?  words:DAIGO music:DAIGO
M3. THE TRAIN'S GONE… 〜Acoustic Version〜

<封入特典>
※トレカ4種類のうち1種類をランダム封入
※連動特典応募用ID封入

【名探偵コナン盤】 CD+名探偵コナン描き下ろしジャケット
品番:ZACL-6045
価格:1,200円(税込)1.111円(税抜)

<収録曲>
M1. 夢物語 words:DAIGO music:AKIHIDE
M2. 幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて 〜BREAKERZ 10周年 10番勝負 -VS- Live 2017.04.14 at Zepp Tokyo〜
M3. 夢物語 〜TV Size Edit〜

★M1. 夢物語
※読売テレビ・日本テレビ系 全国ネット土曜よる6:00放送「名探偵コナン」エンディングテーマ(2017年夏オンエア予定)


<LIVE>
■BREAKERZ デビュー10周年記念ライブ【BREAKERZ X】MEMORY
2017年7月15日(土)
会場:豊洲PIT
開場16:00/開演17:00

チケット代金:オールスタンディング 6,900円(税込)
チケット一般発売日:2017年6月17日(土)
公演に関するお問い合わせ:ディスクガレージ 050-5533-0888

※7/15公演「MEMORY」のみ限定、お客様のフィーチャーフォン、スマートフォンを使用しての写真撮影可能。
撮影に関する注意事項は後日BREAKERZ HPにてお知らせ致します。ご来場の際は必ず注意事項をご確認のうえ、お越しいただきますようお願い申し上げます。
※入場時に別途ドリンク代必要。
※未就学児入場不可。
※入場は整理番号順の入場となります。


■BREAKERZ デビュー10周年記念ライブ【BREAKERZ X】PROMISE
2017年7月16日(日)
会場:豊洲PIT
開場15:00/開演16:00

チケット代金:オールスタンディング 6,900円(税込)
チケット一般発売日:2017年6月17日(土)
公演に関するお問い合わせ:ディスクガレージ 050-5533-0888

※7/16公演「PROMISE」のみ限定、DVD[「BREAKERZ 10周年 10番勝負 -VS- SPECIAL DVD」Live+舞台裏Off Shot]を来場者全員にプレゼント。
※入場時に別途ドリンク代必要。
※未就学児入場不可。
※入場は整理番号順の入場となります。


■Total Information

BREAKERZ Official Site
http://breakerz-web.net/

BREAKERZ 10th Anniversary Special Site
http://breakerz-web.net/special/10th/index.html

BREAKERZ Official Twitter:@BRZofficial0725
http://twitter.com/BRZofficial0725

BREAKERZ Official Facebook:
http://www.facebook.com/breakerz.official


2017年05月19日(金)

VOL.226_蓮花インタビュー(5/15配信号) ちら見せ!

アップロードファイル 292-1.jpg

蓮花 3rdシングル「白雪」を5月10日にリリース!!

神秘的な世界観と、透明感溢れる癒しの歌声を持つ注目の女性シンガー“蓮花”が、待望の3rdシングル「白雪」を5月10日にリリース!
「大切な人、失いたくない人への愛しくて苦しくて熱くなってゆく想いを、燃え盛る炎に例えて表現しました」と本人が語る表題曲「白雪」について、さらに1st Liveで初披露されCD化が待ち望まれていたバラード曲「Gemini」や、切なさと強さが共存した「命の花びら」、初回限定盤に収録されている「徒桜」(昨年11月リリースの配信シングル)のピアノアレンジVer.と、豪華カップリングも含めた全収録曲について、蓮花本人にロングインタビューを決行! 2日間に亘ってたっぷりとお届けする!


●5/10リリースの新曲「白雪」ですが、最初に歌詞だけ拝見した時にバラードなのかなと思ったのですが、実際聴いてみるとアップテンポな曲ですね。
蓮花:
はい。配信曲としてリリースした前作の「徒桜」と同じKAZUYAさんが作曲&編曲を手掛けてくださいましたが、最初にデモを聴いた時に「白雪」というワードが浮かんできて、そこからどんどん言葉が生まれて、自然にすーっと歌詞が出来上がっていきました。

●春の風景を描きながらも、「白雪」という冬の季語が入っているところが印象的でした。季節感というのは、この曲のキーワードになっていますか?
蓮花:
そうですね。私、花がすごく好きなんですけど、その中でも桜が一番好きなんです。それでデモを聴いた瞬間に、“桜が咲いているところに、舞うはずのない雪が降ってくる”という幻想的な絵が浮かんできたんです。そこから、“雪が降る風景は桜の花びらが散っているのと似ているな〜”と思って……。実は新海誠さんの「秒速5センチメートル」という作品の中で、主人公の明里という女の子が満開の桜の花びらが散るのを見ながら、「ねぇ、なんだか、まるで雪みたいじゃない?」と言う台詞があって、それが自分の中にずっと残っているんですね。2007年に映画が公開されたんですけど、大好きな作品で今でもよく見返したりもするんですが、そこから受けたインスピレーションが今回の「白雪」には強く反映されていると思います。

●なるほど。最初に情景が浮かんで、それを言葉にしていったわけですね。
蓮花:
それと、子供の頃によくやっていた百人一首の中で一番好きな小野小町の句「花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに」も浮かんできたんです。そういう自分の中のインスピレーションだったり、記憶だったりを、今回タイアップになっているアニメ「信長の忍び」の主人公である千鳥の心模様に寄り添わせて書いていきました。自分が「信長の忍び」の作者になったつもりで、千鳥のもう一つの物語を書くとしたら、“自分だったらどう描くかな? 千鳥が恋をしたらどんな女性らしい感情を抱くかな?”って、そんな事を想像しながら歌詞を書いていきましたね。

●タイアップの話は最初にあったんですか?
蓮花:
はい。なので、1つ1つのフレーズもかなりアニメに寄り添うかたちで書いているんです。例えば自分の好きなシーンとか、心を打たれたシーンとか、「信長の忍び」を見ている方にも曲を聴いた時に、“もしかしてアニメのあのシーンを描いているのでは?”とイマジネーションを掻き立ててもらえるような内容にしたいと思ったんです。1曲(約3分44秒)の中に、自分の感じている事とタイアップの世界観とを織り交ぜて1つの歌詞にしていく作業は難しい部分でもありましたが、楽しかったですし、わりとスムーズに完成する事が出来ました。

●「信長の忍び」に寄り添いながらも、核になっているのはあくまでご自身の感情だったり記憶だったりすると思うのですが、実際何か体験や想い出が反映されている部分はありますか?
蓮花:
今まで蓮花では “恋の歌”ってあまりないんですよ。作品性として、自分の恋愛について感じていることを表現するよりも、誰もが持っている心の闇や影など照らされていない部分を歌うアーティストになりたいというのが根本的にはあるので、今回の曲はいつもとは少しテーマが異なっているんですね。だから自分にとっては恥ずかしいというか、照れるような感じでもあったんですけど、誰かを好きになると自分でコントロールが利かなくなったりすることもあって、そういう自分の体験も含めて書いていった部分はありますね。

(続く........)

続きを読みたい方は、有料メルマガ「music freak press」へご加入を!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

詳しい「music freak press」購読方法は、
music freak magazine編集部のメールアドレス(webmaster@mfmagazine.com)まで、
件名に「music freak press資料希望(VOL.226-229)」と入力し、
本文に「氏名」「電話番号」をご入力の上、送信してください。編集部より詳細が返信されます。
(返信までに少々お時間を頂く場合がございます。前もってご了承ください)

※通常途中入会の方には、すでに配信済みの号のバックナンバーは配信できませんが、上記の方法により資料を受信後、正式な手続きを2017年5月29日(月)までにとって頂いた方のみ、特別にVOL.226-229/倉木麻衣ライヴレポートのバックナンバーを配信致します。お気軽にお問い合わせください。

…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…

3rdシングル「白雪」2017.5.10 release!!

■初回限定盤
価格:¥1,600+税/品番:JBCZ-4032
【収録曲】
M-1 白雪
M-2 Gemini
M-3 命の花びら
M-4 徒桜(ピアノアレンジVer.)
M-5 白雪(カラオケVer.)
<初回限定盤特典>
・初回限定盤スリーブケース仕様
・特典DVD:「白雪」Music Video

■通常盤
価格:¥1,200+税/品番:JBCZ-4033
【収録曲】
M-1 白雪
M-2 Gemini
M-3 命の花びら

■TVアニメ「信長の忍び」特別盤
価格:¥1,800+税/品番:JBCF-1008
【収録曲】
M-1 白雪
M-2 Gemini
M-3 命の花びら
M-4 Bonus track:「信長の忍び」特別ラジオ番組(蓮花×水瀬いのり対談)未公開トーク収録!!
<TVアニメ「信長の忍び」特別盤特典>
TVアニメ描き下ろしイラストのスリーブ付き
・特典DVD:
「徒桜」「白雪」ノンテロップオープニング/TVアニメ「信長の忍び」
「白雪」Music Video Anime Ver.

■蓮花オフィシャルWEBSITE
http://renka-web.com


2017年04月25日(火)

VOL.219_VALSHEインタビュー(4/24配信号) ちら見せ!

アップロードファイル 291-1.jpg


4/26にLIVE DVD『VALSHE TOUR 2016 「EMERGENCY CODE:RIOT」』
をリリースするVALSHEに独占インタビュー!


Q1:4/26にLIVE DVD『VALSHE TOUR 2016 「EMERGENCY CODE:RIOT」』がリリースとなります。VALSHEとして約1年振りとなる復活ライヴが映像化されたわけですが、ライヴ本番から時間が経って、改めてこのライヴはVALSHEさんにとってどのような意味のライヴになったと思いますか?
VALSHE:
ツアー中はずっと使命感が身体を包んでいました。防具のように。
ひとことでこのLIVEをあらわすとしたら自分自身との戦いだったと思います。
勝つことが出来れば次に進めるし、負ければここでおしまい。精神的な部分ですがそういう気持ちで臨んでいましたね。
どんな意味を持つLIVEになったのかは、今回に限ってはもっと先に生まれてくると思います。

Q2:ライヴを映像作品として制作する際、こだわっている点はありますか?
VALSHE:
今回のLIVEを取り巻くもの、全体からディテールにかけてすべてが生々しく感じていました。表情や、言葉の一つ一つに温度があって、当時を掘り起こせるようなリアリティのある映像にしていただきました。

Q3:今回のLIVE DVDで特にここに注目して見て欲しい!というところはありますか?
VALSHE:
LIVE中の自分の表情というか、雰囲気の変化でしょうか。
自分自身が一番驚いている部分でもあるのですが…
それだけ全体の熱量が大きかったのだと思います。
人のパワーや、音のパワーを、DVDを観てくれる方にも伝えたいですね。


★上記以外の質問は……

Q4:「Myself」から、顔出しして活動するようになる以前の代表曲をつなげた10分を超える超豪華ロングメドレーは圧巻ですね。あれだけ長いメドレーは初めてだったのではないでしょうか? 率直な感想をお願いします。

Q5:この時のライヴで、今だから話せるエピソードはありますか?

Q6:3/14にリリースされた配信曲「White Prelude」はホワイトデーに向けて書き下ろした曲なのでしょうか?

Q7:「White Prelude」に込めた想いは?

Q8:さて、先日3rdアルバムのリリースと、LIVE TOUR 2017の開催が発表されました。今後の活動に向けて、読者の皆さんにメッセージをお願いします。



★VALSHEの回答が読みたい!という方は、有料メルマガ「music freak press」へご加入を!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

詳しい「music freak press」購読方法は、
music freak magazine編集部のメールアドレス(webmaster@mfmagazine.com)まで、
件名に「music freak press資料希望(VOL.219)」と入力し、
本文に「氏名」「電話番号」をご入力の上、送信してください。編集部より詳細が返信されます。
(返信までに少々お時間を頂く場合がございます。前もってご了承ください。)

※通常途中入会の方には、すでに配信済みの号のバックナンバーは配信できませんが、上記の方法により資料を受信後、正式な手続きを2017年5月15日(月)までにとって頂いた方のみ、特別にVOL.219/VALSHEインタビューのバックナンバーを配信致します。お気軽にお問い合わせください。

※4/27(木)〜 4/30(日)、5/3(水・祝)〜5/7(日)
遠方取材及びゴールデンウィーク休暇のため、編集部は不在となります。
この間のお問い合わせに関しましては、5/8(月)以降に対応させていただきます。
皆様にはご不便をおかけし誠に申し訳ございませんが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…

【RELEASE INFORMATION】

LIVE DVD
VALSHE LIVE TOUR 2016「EMERGENCY CODE:RIOT」
2017.4.26 Release

■Musing盤
2DVD+グッズ
品番:JBBF-5013~5014
価格:13,000円(税込)
<DVD2枚組>
・ライブ本編収録&Making映像
・with VALSHE×Band member Special Talk

<グッズ>
・3wayバッグ

※クッション→バッグ→ブランケットとして3wayに使えるバッグです
サイズ:39cm×39cm (※縫製により、若干の誤差が生じる場合がございますが、ご了承ください。)

■通常盤
2DVD
品番:JBBZ-5005~5006
価格:6,000円(税込)

<DVD2枚組>
ライブ本編収録&Making映像
with VALSHE×Band member Special Talk

★全形態共通特典
・2つ折直筆(コピー)メッセージカード
※Musing盤と通常盤は内容が異なります。
・10thSingle「MONTAGE」連動特典用シリアルナンバー入り

VALSHE LIVE TOUR 2016 「EMERGENCY CODE:RIOT」LIVE DVD & 10thSG『MONTAGE』連動特典決定!
※詳細はVALSHEOFFICIAL WEBSITEをご参照ください。
http://valshe.jp/news/2017042000.html

━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…

配信シングル「White Prelude」配信中!

シンプルでストレートな感情を歌詞にしたVALSHE初のラブソング・・・
VALSHEからのホワイトデーのプレゼント、是非聞いてください!

【配信先】
●BEING GIZA STUDIO
フル音源ダウンロードでオリジナル壁紙特典付き!
・スマートフォン
https://sp.being.co.jp/music/valshe/valshe-0073

・フィーチャーフォン
http://being-giza.jp/f/

●iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1212223163?app=itunes&ls=1

●mora
http://mora.jp/package/43000020/valshe-0073/

●レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1004312224/

●ドワンゴジェーピー
http://r.dwango.jp/CG01OQh5

●music.jp
https://goo.gl/e30f26

■その他VALSHE最新情報は→http://valshe.jp


2017年04月25日(火)

VOL.214-215_倉木麻衣ライヴレポート(4/17配信号) ちら見せ!

アップロードファイル 290-1.jpgアップロードファイル 290-2.jpg


倉木麻衣待望の全国ツアーのファイナル!
[Mai Kuraki Live Project 2017“SAWAGE☆LIVE”]
@東京国際フォーラム ホールA 2017.4.2 LIVE REPORT


倉木麻衣が今年2月15日に『OVER THE RAINBOW』以来となる、オリジナルアルバムとしては実に5年振りとなるニュー・アルバム『Smile』をリリース。この待望の新作を携えて、3月18日からは約2年半振りとなる全国ツアー[Mai Kuraki Live Project 2017“SAWAGE☆LIVE”]が開催された。
2014年にデビュー15周年を迎え、精力的な活動を展開した後、2015年にはすみだトリフォニーホール大ホールでのシンフォニックライブ、2016年は日本との文化交流をテーマに招かれたロシアでのライブ、そして中国ツアーも行ない、新たな挑戦をする中楽曲制作をじっくりと重ねてきた彼女。その間、復興支援やカンボジアでの寺子屋活動支援をはじめとした社会活動にも積極的に取り組むなど、音楽以外の場で様々な経験を積み、そして生み出された『Smile』というアルバム。そこに込められたメッセージをどんなパフォーマンスで伝えてくれるのか。期待を胸に、4/2 東京国際フォーラム ホールAで行われたツアーファイナルへと向かった。



待ちに待った全国5カ所で開催されたツアーのチケットは、いずれも早々とソールドアウト。現状日本の音楽シーンの中で、ホールクラスのライブを即完させられるアーティストは数少ないし、ましてやデビューから18年もの間常にトップシーンを走り続けていられる彼女の存在の大きさを改めて実感させられた。またこの日の観客に目をやると、幼い子供から年配の方まで非常に幅広い年代が集まっており、年々ファン層が広がっている事も感じられた。

さて、ライヴは定刻の18時を程少しまわったところでスタート! 80’sのアメリカンな雰囲気を漂わせたポップなステージに設置された3台の巨大LEDにオープニング映像が流れ出した。“すべての歌は君たちへの歌。笑顔と歓声で埋め尽くして欲しい。大騒ぎしよう!”というメッセージが映像ナレーションから高々と放たれると、明るくなったステージにバンドとダンサーを合わせた総勢13名、そしてその中央にレザージャケットにレザーパンツというロックフィーリング溢れる衣裳を着た、倉木麻衣の姿が現れた。大歓声の中、この日の幕開けを飾ったのはニュー・アルバムから“自分史上最もハードなロックナンバー”と、本人が語る「Make that change」だ。マッシブなバンドサウンドに乗って、左拳を力強く振りかざしながらパワフルな歌声を響かせる。エンディングでは、すでに2階までスタンディング状態の客席に背を向けて、“もっともっと”と煽る手つきで催促。沸き立つ客席に、大声で“SAWAGE☆LIVE”と雄叫びをあげた。
続いて、現「名探偵コナン」のエンディングテーマでもあり、今回のツアーのメイン曲ともいえる「SAWAGE☆LIFE」。口ずさみやすいキャッチーなサビと、間奏のユニークな振り付けで一体感を増し、さらにいつまでも色褪せないアンセム曲「Love, Day After Tomorrow」が投下されると、まだ始まったばかりだというのにクライマックスさながらの盛り上がりようだ。
しかしまだまだ序の口と言わんばかりに、興奮が途切れる隙を1mmも与えないまま、ニュー・アルバムの中でも洋楽テイスト溢れるオシャレな3曲が続けて披露された。ネオンカラーの照明に彩られながらセクシーな振り付けも魅力的だったダンサブル・チューン「I Like It」、ハートのクッションを使った演出も可愛らしかったミディアム・チューン「OPEN L♡VE」、メロウなピアノソロから始まる切ないサウンドだけれど、歌詞はさりげなくそっと“癒し”や“力”を与えてくれる包容力に満ち溢れた「Tell me why」と、実に名曲揃いだ。

ここで一旦倉木がステージを離れると、LEDに復興支援やカンボジアでの様子を映した映像、そしてニュー・アルバム『Smile』に込めた思いを語る彼女のインタビュー映像が流れた。
真摯に語る彼女の思いを受け止めるかのように、客席に一瞬の静寂がもたらされたところで、この日のために自らがイメージし試行錯誤を繰り返しながらオーダーメイドで作ったというドレスを纏って倉木がステージに戻ってきた。黄色をあしらった清楚なドレスに包まれながら歌ったのは、深い悲しみを宿したバラード曲「ミステリー ヒーロー」。作曲者でもある徳永暁人(from doa)のピアノ伴奏に乗って、深淵なる歌声を響かせた。続いてもう1曲。麻井寛史の深みのあるベースソロを加えたライヴ・アレンジで聴かせてくれた「硝子の微笑」。こちらも「ミステリー ヒーロー」同様、ニュー・アルバムに収録された切なさに胸が締め付けられるバラードだ。倉木の背後のLEDには、暗がりに光り輝く無数の星が映し出され、衣裳ともマッチしていてとても美しかった。
 さらにバラードが2曲続く。“次の曲は、自分自身、自分の歩んできた道を信じて、またここから一歩一歩前進していこう、そんな曲です。”そう紹介された「My way」。続いて新曲と並べても古さを全く感じさせない往年の名作「Stay by my side」。彼女の真骨頂ともいうべきバラードをたっぷりと堪能できた、この中盤の構成も素晴らしかった。

(続く........)

続きを読みたい方は、有料メルマガ「music freak press」へご加入を!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

詳しい「music freak press」購読方法は、
music freak magazine編集部のメールアドレス(webmaster@mfmagazine.com)まで、
件名に「music freak press資料希望(VOL.214-215)」と入力し、
本文に「氏名」「電話番号」をご入力の上、送信してください。編集部より詳細が返信されます。
(返信までに少々お時間を頂く場合がございます。前もってご了承ください)

※通常途中入会の方には、すでに配信済みの号のバックナンバーは配信できませんが、上記の方法により資料を受信後、正式な手続きを2017年5月15日(月)までにとって頂いた方のみ、特別にVOL.214-215/倉木麻衣ライヴレポートのバックナンバーを配信致します。お気軽にお問い合わせください。

※4/27(木)〜 4/30(日)、5/3(水・祝)〜5/7(日)
遠方取材及びゴールデンウィーク休暇のため、編集部は不在となります。
この間のお問い合わせに関しましては、5/8(月)以降に対応させていただきます。
皆様にはご不便をおかけし誠に申し訳ございませんが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…

【RELEASE INFORMATION】

「渡月橋 〜君 想ふ〜」
発売日:2017年4月12日(水)

【初回限定盤:CD+DVD】
品番:VNCM-6039
価格:¥1,204(tax out)/ ¥1,300(tax in)
〈CD収録内容〉
M1. 渡月橋 ~君 想ふ~
M2. 渡月橋 ~君 想ふ~ (Instrumental) 
〈DVD収録内容〉
渡月橋 ~君 想ふ~ MV

【通常盤】
品番:VNCM-6040
価格:¥926(tax out)/ ¥1,000(tax in)
〈CD収録内容〉
M1. 渡月橋 ~君 想ふ~
M2. 渡月橋 ~君 想ふ~ (Instrumental) 
M3. Time after time ~花舞う街で~ TIME TRAVEL PARADOX REMIX
※倉木麻衣特大ステッカー入り

【名探偵コナン盤】
品番:VNCM-6041
価格:¥787(tax out)/ ¥850円(tax in)
〈CD収録内容〉
M1. 渡月橋 ~君 想ふ~
M2. 渡月橋 ~君 想ふ~ (Instrumental) 
※「名探偵コナン」×倉木麻衣21作コラボレーションスペシャルロゴ特大ステッカー入り

【FC&Musing盤】
品番:VNCF-6041
価格:¥1,400(tax out)/ ¥1,512(tax in)
M1. 渡月橋 ~君 想ふ~
M2. 渡月橋 ~君 想ふ~ (Instrumental)
・倉木麻衣直筆メッセージ(プリント)入り
・アナログ・レコードLP盤サイズパッケージ
 (縦30.3cm × 横30.3cm × 厚さ0.3cm)
※アナログ盤ではございません。

〈特典〉
・Mai Kuraki Special Movie視聴用URL・QRコード
・Mai Kuraki Original携帯待受画面ダウンロード用URL・QRコード
*Mai Kuraki Special Movie映像は一部対応できない機種があります。ご了承ください。

■その他倉木麻衣最新情報は→http://www.mai-kuraki.com/


2017年04月21日(金)

編集部より第1期購読会員の皆様へご連絡

アップロードファイル 289-1.jpgアップロードファイル 289-2.jpg

music freak press 第1期購読会員様への
年間購読特典「別冊music freak Es 2016」の
出荷が完了いたしました。

皆様のお手元には、今週末より順次お届けとなります。
もうしばらくお待ちください。