最新メルマガちら見せ!

2016年12月29日(木)

VOL.153〜155_BREAKERZインタビュー(12/28配信号) ちら見せ!

アップロードファイル 283-1.jpg


BREAKERZインタビュー
「幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて」
2017.1.18 Release


2017年にデビュー10周年を迎えるBREAKERZが、その幕開けとも言える通算17枚目のシングル「幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて」を1月18日にリリースする。10周年企画として1月21日からは10公演にわたる10アーティストとの2マンライヴ「BREAKERZ 10周年10番勝負 —VS—」もスタート。
ニューシングルについて、さらに来年へ向けての意気込みなど、メンバー3人に話を聞いた!


●「幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて」の出来上がりに関して、皆さんそれぞれの手応えとセールスポイントを教えてください。
DAIGO:
僕たちが大事にしている勢いもありつつ、メロディアスでキャッチーな曲だと思うし、イントロからすごくスリリングで、コナンにもぴったりな曲に仕上がったと思います。またBREAKERZの中で過去一番最長のタイトルになっているんですけど、J-ROCK=日本語のロックをやっているという自分達のスタンスと、所属レーベルらしいタイトルでもあるかなっていうことで、これまで影響を受けてきた音楽の歴史みたいなものを自分の中で色々融合させる事が出来た1曲かなと思っています。
AKIHIDE:コナンのオープニングに映えるような、スリリング、サスペンスな感じのギターリフがあって、コナン君と蘭ちゃんの切ない恋愛模様が感じられるメロディが合わさればいいなと思って、そのメリハリを一番意識しながら作曲しました。歌詞を見せてもらった時にDAIGO君から、“キラキラしたJ-POPチューンにしましょう”というメールをもらって、“なるほどな”って逆にそこで気付かされたと言いますか。すごくそういう言葉がはまってる、キラキラと、J-POPの流れを汲んだ僕達らしい作品になったんじゃないかなと思います。
SHINPEI:BREAKERZの王道のサウンドであり、コナンのファンの方々にも共感してもらえる世界観と歌詞になっていて、そのバランスがすごくバッチリな1曲が出来上がったと思います。10周年を迎えるBREAKERZにとって新たな意思表明として一番核となるのは、やはり新曲を作って届ける事だと思うので、この大事なタイミングにコナンのお話を頂けたのも嬉しかったですし、その中で僕ららしい王道チューンが作れたのはすごく良かったというのが率直な思いです。

●来年1月からスタートする「BREAKERZ 10周年10番勝負 —VS—」ですが、対バン形式のライヴという事でしょうか?
DAIGO:
はい。BREAKERZともう1組のアーティストさんとで対バン形式のライヴをします。ゆかりのある10組のアーティストさんと、10公演にわたっての開催となりますが、それぞれ一夜限りのステージとなります。僕達がお迎えする側でもあるから是非BREAKERZファンの皆さんには集結して頂いて、対バン相手のステージも思い切り盛り上がってもらって、一緒に作っていくイベントにしたいです。


(続く.....)


続きを読みたい方は、有料メルマガ「music freak press」へご加入を!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

詳しい「music freak press」購読方法は、
music freak magazine編集部のメールアドレス(webmaster@mfmagazine.com)まで、
件名に「music freak press資料希望(VOL.153〜155)」と入力し、
本文に「氏名」「電話番号」をご入力の上、送信してください。編集部より詳細が返信されます。
(返信までに少々お時間を頂く場合がございます。前もってご了承ください)

※通常途中入会の方には、すでに配信済みの号のバックナンバーは配信できませんが、上記の方法により資料を受信後、正式な手続きを2017年1月25日(木)までにとって頂いた方のみ、特別にVOL.153-155/BREAKERZインタビューのバックナンバーを配信致します。お気軽にお問い合わせください。

※なお、2016.12.29〜2017.1.5は取材及び、年末年始休業のため返信が出来ません。予めご了承ください。


━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…


17th Single「幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて」
2017.1.18 Release


■初回限定盤A【CD Only】
品番:ZACL-4046/価格:¥1,600(税込)

<収録内容>
M-1 幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて
(words:DAIGO music:AKIHIDE arrangement:BREAKERZ)
<名探偵コナンテーマソング ~Special Live Track~>
M-2 Everlasting Luv
[2015.5.20 BREAKERZ FREE LIVE at 代々木公園野外ステージ]
M-3 Miss Mystery
[2016.7.23 SPECIAL LIVE『BREAKERZ IX』at 豊洲PIT]
M-4 WE GO
[2015.9.26 BREAKERZ LIVE TOUR 2015 Ø-ZERO- at TOKYO DOME CITY HALL]
M-5 光
[2010.12.1 BREAKERZ LIVE TOUR 2010 BUNNY LOVE ~野生に還れ~ at 中野サンプラザホール]
M-6 月夜の悪戯の魔法
[2012.4.8 SPRING PARTY 2012 DAIGO's Birthday ~変身!! 魅惑のウルトラD~ @TOKYO DOME CITY HALL]
M-7 オーバーライト
[2016.7.23 SPECIAL LIVE『BREAKERZ IX』at 豊洲PIT]


■初回限定盤B【CD+DVD】
品番:ZACL-6041/価格:¥1,500(税込)

<収録内容>
M-1 幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて
(words:DAIGO music:AKIHIDE arrangement:BREAKERZ)
M-2 Kamisori ~Acoustic Version~
(words:AKIHIDE music:AKIHIDE arrangement:BREAKERZ)
☆特典DVD収録内容:「幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて」Music Clip+Music Clip Off Shot


■通常盤【CD Only】
品番:ZACL-6042/価格:¥1,000(税込)

<収録内容>
M-1 幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて
(words:DAIGO music:AKIHIDE arrangement:BREAKERZ)
M-2 Kamisori ~Acoustic Version~
(words:AKIHIDE music:AKIHIDE arrangement:BREAKERZ)
M-3 幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて ~TV Size Edit~
(words:DAIGO music:AKIHIDE arrangement:BREAKERZ)
※初回生産分のみ:トレーディングカード封入(全4種類/ランダムで1枚封入)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<BREAKERZ 10周年10番勝負 -VS->
全10公演/2017年開催/10アーティストとの2マンイベント

【-VS- GRANRODEO】
2017年1月21日(土) Zepp Namba
開場16:00/開演17:00
チケット一般発売:2017年1月7日(土)
(問)キョードーインフォメーション 0570-200-888

【-VS- SKY-HI】
2017年2月4日(土) Zepp Tokyo
開場16:00/開演17:00
チケット一般発売:2017年1月7日(土)
(問)ディスクガレージ 050-5533-0888

【-VS- シド】
2017年2月18日(土) Zepp Namba
開場16:00/開演17:00
チケット一般発売:2017年2月4日(土)
(問)キョードーインフォメーション 0570-200-888

【-VS- MY FIRST STORY】
2017年3月5日(日) Zepp Nagoya
開場16:00/開演17:00
チケット一般発売:2017年2月4日(土)
(問)サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

【-VS- Trignal】
2017年3月20日(月・祝) Zepp DiverCity TOKYO
開場16:00/開演17:00
チケット一般発売:2017年2月4日(土)
(問)ディスクガレージ 050-5533-0888

【-VS- 超特急】
2017年4月2日(日) Zepp Nagoya
開場16:00/開演17:00
チケット一般発売:2017年2月4日(土)
(問)サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

【-VS- ゴールデンボンバー】
2017年4月16日(日) Zepp Tokyo
開場16:00/開演17:00
チケット一般発売:2017年4月1日(土)
(問)ディスクガレージ 050-5533-0888

【チケット】
1Fスタンディング・2F指定席・2F立見 7,500円(税別)※8,100円(税込)
※各会場限定の「-VS-」ステッカー付き。
※入場時に別途ドリンク代必要。
※未就学児入場不可。
※1Fスタンディングは整理番号順の入場になります。

■BREAKERZ OFFICIAL WEBSITE
http://breakerz-web.net/


2016年12月28日(水)

VOL.151〜152_森友嵐士25周年記念 SINGING TREE ファンミーティング2016 レポート(12/27配信号) ちら見せ!

アップロードファイル 282-1.jpgアップロードファイル 282-2.jpg


特別寄稿
森友嵐士25周年記念
SINGING TREE ファンミーティング2016


〜90年代、T-BOLANのディレクターを務めていらっしゃった寺尾広さんより、特別寄稿が寄せられましたのでご紹介します!!〜

寺尾広です。
12月10日(土)に開催された「森友嵐士25周年記念 SINGING TREE ファンミーティング2016」の司会をしてきました。
森友さんから直々にお電話をいただき、司会を頼まれました。こんな有り難く、光栄なお話を頂けるとは!
実は僕は1993年秋にT-BOLANのファンクラブミーティングの司会をしたことがあり、こういう機会では23年ぶりになるわけです。
では早速振り返ってみましょう。

…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…

横浜・関内のラジオ日本に隣接する「ラジアントホール」には朝早くからファンの方が集まって始まるのを待っていた。
オンタイムで寺尾広が登場。馴れ初めを簡単に自己紹介して、早速呼び込んで森友嵐士さんが登場!ブラックでおしゃれなジャケットで、颯爽としてなおかつロックな装い!
森友嵐士さんを構成した半世紀を振り返るということで、パワーポイントを使って画像がプロジェクターに次々に映し出された。1歳半の頃の父親に抱かれた写真や、最近自ら撮影してきたという小学校・よく遊んだ河原・高校などの写真。高校にあるホールも映し出されていたが、高校生の時にこのホールで2時間ワンマンライブ(しかも一人で!)をやった話など初めて紹介される話題が多く、早くも会場は森友さんの話に釘付けに。そして大学の時にバイトしていたライブハウスで「いとしのエリー」を歌ったことがきっかけで、後に一緒にやることになる青木和義さんと出会い・・・ここで森友さんに呼びこまれて青木さんが登場!青いジャケットで満面の笑顔はまさに永遠の少年!


(続く.....)


続きを読みたい方は、有料メルマガ「music freak press」へご加入を!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

詳しい「music freak press」購読方法は、
music freak magazine編集部のメールアドレス(webmaster@mfmagazine.com)まで、
件名に「music freak press資料希望(VOL.151〜152)」と入力し、
本文に「氏名」「電話番号」をご入力の上、送信してください。編集部より詳細が返信されます。
(返信までに少々お時間を頂く場合がございます。前もってご了承ください)

※通常途中入会の方には、すでに配信済みの号のバックナンバーは配信できませんが、上記の方法により資料を受信後、正式な手続きを2017年1月24日(水)までにとって頂いた方のみ、特別にVOL.151-152/森友嵐士25周年記念 SINGING TREE ファンミーティング2016 レポートのバックナンバーを配信致します。お気軽にお問い合わせください。

※なお、2016.12.29〜2017.1.5は取材及び、年末年始休業のため返信が出来ません。予めご了承ください。

------------------------------------------------------------------

■森友嵐士オフィシャルファンクラブ
https://arashi.fanmo.jp/

■「T-BOLAN 一夜限りのカウントダウン LIVE」
http://www.beinggiza.com/zain/t-bolan/

■森友嵐士のアラシを呼ぶぜ!
http://www.jorf.co.jp/?program=arashi


2016年12月22日(木)

SPECIAL_クリスマス & 年末特集 ちら見せ!(PART.2)

PART.1に続いて、
アーティストの皆さんが選んでくれた
今年のクリスマスのBGMにおススメの曲をご紹介します!

ちなみに、メルマガでは以下の回答も配信しました。
◇今年サンタにおねだりしたいクリスマスプレゼントは何ですか?
◇2016年を振り返って、また2017年に向けての意気込みをお願いします!


(配信した順番に掲載します)

★アンティック-珈琲店-さん
(1)ご自身の楽曲から
★みく:「恋するサンタクロース」
★カノン:「恋するサンタクロース」
★takuya:「恋するサンタクロース」
★ゆうき:「恋するサンタクロース」
★輝喜:「七色クレヨンで描く光」

(2)他のアーティストの楽曲から
★みく:「雪の華」/中島美嘉
★カノン:「恋」/星野 源
★takuya:「A/Z」/Sawano Hiroyuki
★ゆうき:「白い恋人達」/桑田佳祐
★輝喜:「ORIGINAL LOVE」/BAROQUE

ーーーーーーーーーーーーー

★蓮花さん
(1)ご自身の楽曲から
「Melody of Memory」
※この曲のメロディが、冬や雪を連想するような雰囲気もあるので、ぜひクリスマスのBGMにも聴いていただけたら嬉しいです。

(2)他のアーティストの楽曲から
「Last Christmas」/Wham!
※幼い頃からクリスマスシーズンになるとこの曲がラジオから流れてきたり、街でも流れていたので、体に染み付いている曲です。この曲を聴くと、クリスマスの季節だなぁ…と、感じます。

ーーーーーーーーーーーーー

★焚吐さん
(1)ご自身の楽曲から
「ふたりの秒針」

(2)他のアーティストの楽曲から
「クリスマス」/amazarashi

ーーーーーーーーーーーーー

★dorikoさん
(1)ご自身の楽曲から
2007年、「初音ミク」で初めて作った、「みっくりすます」という「お一人様」向けの曲がニコニコ動画にまだあるはず。「真面目に」聴いてはいけないよ。

(2)他のアーティストの楽曲から
クリスマスソングではないですが、CMソングで有名になったジェームズ・ブラントさんの「You’re Beautiful」。雪の中ので歌うPVが印象的だったので、冬ソングの印象。

ーーーーーーーーーーーーー

★Purple Stoneさん
(1)ご自身の楽曲から
●Keiya:2nd Sg c/w「LIGHT BLUE」
●GAK:5th Sg 「パニックパニック!」
●風麻:5th Sg 「パニックパニック!」

(2)他のアーティストの楽曲から
●Keiya:「ラスト・クリスマス」/ワム
●GAK:「熱風!疾風!サイバスター」/JAM Project
●風麻:「This Christmas」/ Donny Hathaway

ーーーーーーーーーーーーー

★La PomPonさん
(1)ご自身の楽曲から
●YUKINO:「HOT GIRLS」
※冬は寒いので気分だけでもHOTに!
●KIRI:「恋のB・G・M 〜イマハ、カタオモイ〜」
※クリスマスの曲ではないのですが、アップテンポな楽曲なので クリスマスのワクワクした気持ちにピッタリだと思い、選びました!
●RIMA:「恋のB・G・M 〜イマハ、カタオモイ〜」
●KAREN:「運命のルーレット廻して」
●MISAKI:「恋のB・G・M 〜イマハ、カタオモイ〜」
●HINA:「運命のルーレット廻して」

(2)他のアーティストの楽曲から
●YUKINO:「mistletoe」/justin bieber
●KIRI:「White Light」/安室奈美恵
●RIMA:「Gift」/Nissy
●KAREN:「クリスマスソング」/back number
●MISAKI:「Pink Key」/安室奈美恵
●HINA:「恋人たちのクリスマス」/マライア・キャリー


2016年12月22日(木)

SPECIAL_クリスマス & 年末特集 ちら見せ!(PART.1)

music freak pressでは、スペシャル企画として
「クリスマス & 年末特集」をシリーズでお届けしてきました!
その中から、アーティストの皆さんが選んでくれた
今年のクリスマスのBGMにおススメの曲をご紹介します!

(配信した順番に掲載します)


★新山詩織さん
(1)ご自身の楽曲から
「Snow Smile」(3rd AL『ファインダーの向こう』)
※私にとって初めて冬をテーマにした曲です。

(2)他のアーティストの楽曲から
「This Christmas」(AL「A Christmas Carole」)/Carole King
※全曲、クリスマスにつながる曲が入ったアルバムの中から…

ーーーーーーーーーーーーー

★VALSHEさん
(1)ご自身の楽曲から
「MONOROUGUE」(4th mini AL『RIOT』収録)

(2)他のアーティストの楽曲から
「Where Did You Sleep Last Night」/NIRVANA

ーーーーーーーーーーーーー

★w-shunさん(from KNOCK OUT MONKEY)
(1)ご自身の楽曲から
「HOME」(5th Single「Do it」収録)

(2)他のアーティストの楽曲から
僕のクリスマスの訪れは 一生マライア・キャリーです。

ーーーーーーーーーーーーー

★植田真梨恵さん
(1)ご自身の楽曲から
「JOURNEY」(2nd AL『ロンリーナイト マジックスペル』収録)
※離れてたところにいる大切な人のことを重ねますね。

(2)他のアーティストの楽曲から
「シンデレラクリスマス」/Kinki Kids
※懐かしい。ファンタジックなアレンジも含めてきらきらさせてほしいです。

ーーーーーーーーーーーーー

★大賀好修さん、麻井寛史さん、大楠雄蔵さん (From Sensation)
(1)ご自身の楽曲から
●大賀さん:「雪華」もちろん!(^_^) 後、「Aqua」も良し!
麻井さん:「雪華」
大楠さん:「Aqua」

(2)他のアーティストの楽曲から
●大賀:「Sleepwalk」/Larry Carlton
※敢えてインストから選びました。ラリーの極上のギターニュアンスが絶品!! オリジナルアルバムに収録されてる曲を聴いてから、ライヴを聴くと最高!!
●麻井:「Night Flying」/organic stereo
●大楠:「いつかのメリークリスマス」/ B’z

ーーーーーーーーーーーーー

★青紀ひかりさん

(1)ご自身の楽曲から
「Two for the road」(3rd ALBUM “Bond Street”)

(2) 他のアーティストの楽曲から
「Love Theme」/Ennio Morricone(from Cinema Paradiso)

PART.2に続く


2016年12月02日(金)

VOL.130〜132_大黒摩季インタビュー(11/25配信号) ちら見せ!

アップロードファイル 279-1.jpg

大黒摩季インタビュー
『Greatest Hits 1991-2016 ~All Singles + ~』
2016.11.23 Release


2010年から病気治療のため活動休止していたシンガーソングライターの大黒摩季。その間、地元・北海道の中学校に校歌を寄贈したり、東日本大震災により被災した小学校に応援歌・歌詞寄贈、さらに東日本大震災・熊本地震への復興支援など社会貢献活動を行ってきたが、昨年よりDISH//、TUBE、郷ひろみなどの作詞提供をはじめクリエイティブ活動を再開。
今年8月、1992年のデビューから1999年まで所属したビーイングに戻り、完全復帰を果たした。そして11月23日にはベストアルバム『Greatest Hits 1991-2016 ~All Singles +~』をリリース。25周年を迎える来年には初の47都道府県全国ツアーも決定している。 そんな注目の彼女に話を聞いた。


●今回、“実家のような”とおっしゃっている“ビーイング”からの復帰となった経緯を教えてください。
大黒:
去年11月に大きな手術をする事になって、“あと1年くらい復帰は無理かな、25周年(2017年)くらいには戻りたいな”と、思っていたんですよ。ところがもともと免疫が強くて体力もある方だったので、術後思ったより早く回復してきたんです。
それで今年4月くらい、もう動いていいんじゃないって話になってきた頃に、ビーイング時代ずっとお世話になっていたマネージャーから、“また動き出すんだったらまずは実家(ビーイング)にご挨拶しておかないとね”って連絡をもらって。そのマネージャーは、沢山あるデモテープの中から私を見つけて長戸大幸プロデューサーに渡してくれた人なんですけど、なんか風を感じたと言いますか。私、風とか勘とか本能とかで人生決めてきたタイプなので、流れやタイミングみたいなものを掴み損ねないようにすごい大事にしているんですね。これまで色々なメーカーさんとお仕事してきたので、他にも選択肢はあったんですけど、ビーイングはトップも今の升田社長に変わり、一番温度が高かったんですよ。“戻ってこいよ、そしたらみんなでバックアップするから”みたいなムードになってきて、率直に嬉しかったんですね。これからある程度いいペースで息長くやっていきたいなんて思うと、やっぱり周りの温度が高いというのが一番心地良くて、有り難いなと感じました。

●そこからすごい勢いで活動されていますね。
大黒:
正式にやろうって決まった途端に拍車が掛かって、すごい勢いで色んな事が始まっちゃったみたいな(笑)。6年間も主婦と介護ばっかりやっているとやるのが当たり前で、“毎日感謝してる〜”みたいな事ってないじゃないですか。ビジネスって枠決めて、そこに人はめてみたいなところがあるけど、今回みたいに自然発生的にみんなが盛り上がってくれるのってすごく素敵だと思うし、大々的に“復帰します!”ってPRしたわけでもないのに、色々なところから声を掛けて頂いて、ホント泣けてきますよね。

●まずスタジオに入って新曲作りから始まったんですか?
大黒:
もともと復帰後1曲目に歌うのは「Higher↑↑ Higher↑↑」って決めていたんですよ。休養中の6年間に溜めたネタやパーツは、今後10年分曲が作れるんじゃないかと思うくらいあるんですけど、ちゃんと曲として形になっているのはそんなにないんですね。その中で「Higher↑↑ Higher↑↑」は、自分の頭の中も身体の中も6年熟成したビンテージのフルボディー(ワイン)みたいにほぼ形になっていたので、この曲から取り掛かりました。

(続く.....)


続きを読みたい方は、有料メルマガ「music freak press」へご加入を!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

詳しい「music freak press」購読方法は、
music freak magazine編集部のメールアドレス(webmaster@mfmagazine.com)まで、
件名に「music freak press資料希望(VOL.130〜132)」と入力し、
本文に「氏名」「電話番号」をご入力の上、送信してください。編集部より詳細が返信されます。
(返信までに少々お時間を頂く場合がございます。前もってご了承ください)

※通常途中入会の方には、すでに配信済みの号のバックナンバーは配信できませんが、上記の方法により資料を受信後、正式な手続きをとって頂いた方のみ、特別にVOL.130-132/大黒摩季のバックナンバーを配信致します。お気軽にお問い合わせください。

------------------------------------------------------------------

【RELEASE情報】

ベストアルバム『Greatest Hits 1991-2016 〜All Singles + 〜』

■STANDARD盤(3CD)
品番:JBCZ-9035〜37
価格:¥3,400+税

■BIG盤(4CD+1DVD+ブックレット)※初回限定生産
品番:JBCZ-9038〜41
価格:¥9,259+税
●BIG盤封入特典:Maki Ohguro MV Collection
※収録楽曲の未公開を含む全28曲のMUSIC CLIP

収録曲他、詳細は→http://maki-ohguro.com/


【LIVE 情報】

「Maki Ohguro 2017 Live-STEP!! 〜Higher↑↑Higher中年よ熱くなれ! ↑↑Greatest Hits+〜」

2017年
□2/25(土)埼玉県 羽生市産業文化ホール 大ホール
【問】羽生市産業文化ホール 048-561-4911
□3/04(土)茨城県 常陸太田市民交流センターパルティホール 大ホール
【問】常陸太田市民交流センター 0294-73-1234
□3/05(日)栃木県 栃木文化会館 大ホール
【問】栃木文化会館 0282-23-5678
□3/11(土)愛知県 安城市民会館 サルビアホール
【問】安城市民会館 0566-75-1151
□3/12(日)兵庫県 加古川市民会館 大ホール
【問】加古川市民会館 079-424-5381
□3/20(祝月)千葉県 多古町コミュニティプラザ文化ホール
【問】多古町コミュニティプラザ 0479-76-7811
□4/15(土)山形県 やまぎんホール(山形県県民会館)
【問】やまぎんホール(山形県県民会館) 023-622-7133
□4/22(土)静岡県 磐田市民文化会館
【問】磐田文化振興会 0538-35-7133
□4/23(日)岐阜県 バロー文化ホール(多治見市文化会館)
【問】バロー文化ホール(多治見市文化会館) 0572-23-2600
□4/29(土)山梨県 コラニー文化ホール 大ホール
【問】テレビ山梨 055-232-1118
□5/07(日) 千葉県 千葉県東総文化会館 大ホール
【問】ディスクガレージ 050-5533-0888
□5/14(日) 神奈川県 ハーモニーホール座間
【問】ハーモニーホール座間 046-255-1100/KMミュージック 045-201-9999
□6/02(金) 東京都 かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール
【問】キョードー東京 0570-550-799
□6/03(土) 埼玉県 狭山市市民会館 大ホール
【問】狭山市市民会館 04-2953-9101
□6/17(土) 広島県 三原市芸術文化センター ポポロ
【問】三原市芸術文化センター ポポロ 0848-81-0886
□6/18(日) 兵庫県 たんば田園交響ホール
【問】たんば田園交響ホール 079-552-3600
□6/24(土) 群馬県 伊勢崎市文化会館 大ホール
【問】伊勢崎市文化会館 0270-23-6070